どんな仕事ができる?

Published / by 運営者

事業用操縦士の有資格者は非常に少なく、その上需要は高いため希少価値が高く、実務経験を積んでいない状態でも仕事にあり付けるという、食いっぱぐれのない優良資格と言えます。具体的にどのようなシーンで活躍しているかと言うと、まずは海上保安庁や航空自衛隊といった国防に関わる仕事から始まり、医療の現場でもドクターヘリという形で需要がありますね。もちろん民間の航空会社などからの需要もありますし、新聞社が取材に必要としているというケースなども考えられます。ヘリコプターは飛行機と違って着陸にスペースを取らなかったり、その場でホバリングできたりなど、空中での自由と地上での自由が利く数少ない乗り物で、そのため様々なシーンに活用できるという利点があり、このような需要の高さへとつながっているものと考えられます。

気になる収入については、始めは年収500万円前後からスタートして、飛行経験が積まれていくにつれて収入の方も増えていくことになります。経験豊富なパイロットになれば、年収1000万円を超えることもありますし、更に経験を積むことによって、場合によっては年収2000万円を超えるというケースもありますので、収入面を考慮しても夢のある仕事であると言えるでしょう。

資格を取得するまでの流れ

Published / by 運営者

どの範囲でヘリコプターを操縦したいのかによって、資格取得までの流れが異なりますので、まずは自家用操縦士を目指すのか、それとも事業用操縦士を目指すのかを選択する必要があります。前記でも触れましたが事業用操縦士を取得するためには自家用操縦士の資格が必須となりますので、どちらにせよ自家用からの勉強をする必要があるわけですが、最終目標によっては専門学校へと進学した方が良いケースがありますので、目標の設定は非常に重要です。

もしも事業用操縦士の資格を取得してパイロットとして働きたいのであれば、高校を卒業した後、航空専門学校へと進学することをおすすめします。大学や短大でも座学については学ぶことも可能ですが、どうしても実技演習もこなす必要があることから、専門学校で学んだ方が試験にも有利に働くことが多いです。必要となるメインの学問は航空工学、自動車工学、語学、通信工学などになります。必要な学科を修了した後は国家試験を受けなければならず、これに合格すると晴れて有資格者となります。資格取得後は公募している仕事に応募して、望んだ職場へと進むことになります。現在、ヘリコプターのパイロットは不足している状態で需要は高く、資格さえ取得してしまえば比較的楽に就職できると言われています。

ヘリコプターの操縦免許

Published / by 運営者

飛行機やヘリコプターなどのパイロットは本当にカッコイイですよね。旅客機のパイロットでなくとも、ヘリコプターでもパイロットは自分の意思で自由に空を飛ぶ、というイメージが強く、まさに自由を手にしているといった感じがするものです。ですが現実には、誰もが簡単にパイロットになれるわけではありません。飛行機やヘリコプターを操縦できるようになるためには、操縦免許を取得する必要があります。

ヘリコプターの操縦免許は2種類に分かれます。1つは自家用操縦士、もう1つは事業用操縦士です。事業用操縦士の資格を取得するためには自家用操縦士の資格取得が条件となります。自動車の免許を想像すると分かりやすいと思います。自動車の場合、自家用車を運転するためには第一種運転免許が必要になり、更にタクシーの運転手などの、他人を車に乗せて料金をいただく仕事の場合には第二種運転免許が必要になるわけですが、第二種を取得するためには第一種も取得していることが条件となり、ちょうど自家用操縦士と事業用操縦士の関係と酷似していることが分かりますね。ヘリコプターを操縦するための免許は2種類あり、パイロットとしての仕事をしたいと考えている場合には事業用操縦士の資格を取得する必要があることだけはしっかりと抑えておきましょう。

当サイトではヘリコプター免許を取得するまでに、どのようなことをしていく必要があるのかご紹介していきます。パイロットが夢という方はぜひ参考にしてみてください。