資格を取得するまでの流れ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

どの範囲でヘリコプターを操縦したいのかによって、資格取得までの流れが異なりますので、まずは自家用操縦士を目指すのか、それとも事業用操縦士を目指すのかを選択する必要があります。前記でも触れましたが事業用操縦士を取得するためには自家用操縦士の資格が必須となりますので、どちらにせよ自家用からの勉強をする必要があるわけですが、最終目標によっては専門学校へと進学した方が良いケースがありますので、目標の設定は非常に重要です。

もしも事業用操縦士の資格を取得してパイロットとして働きたいのであれば、高校を卒業した後、航空専門学校へと進学することをおすすめします。大学や短大でも座学については学ぶことも可能ですが、どうしても実技演習もこなす必要があることから、専門学校で学んだ方が試験にも有利に働くことが多いです。必要となるメインの学問は航空工学、自動車工学、語学、通信工学などになります。必要な学科を修了した後は国家試験を受けなければならず、これに合格すると晴れて有資格者となります。資格取得後は公募している仕事に応募して、望んだ職場へと進むことになります。現在、ヘリコプターのパイロットは不足している状態で需要は高く、資格さえ取得してしまえば比較的楽に就職できると言われています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket