どんな仕事ができる?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

事業用操縦士の有資格者は非常に少なく、その上需要は高いため希少価値が高く、実務経験を積んでいない状態でも仕事にあり付けるという、食いっぱぐれのない優良資格と言えます。具体的にどのようなシーンで活躍しているかと言うと、まずは海上保安庁や航空自衛隊といった国防に関わる仕事から始まり、医療の現場でもドクターヘリという形で需要がありますね。もちろん民間の航空会社などからの需要もありますし、新聞社が取材に必要としているというケースなども考えられます。ヘリコプターは飛行機と違って着陸にスペースを取らなかったり、その場でホバリングできたりなど、空中での自由と地上での自由が利く数少ない乗り物で、そのため様々なシーンに活用できるという利点があり、このような需要の高さへとつながっているものと考えられます。

気になる収入については、始めは年収500万円前後からスタートして、飛行経験が積まれていくにつれて収入の方も増えていくことになります。経験豊富なパイロットになれば、年収1000万円を超えることもありますし、更に経験を積むことによって、場合によっては年収2000万円を超えるというケースもありますので、収入面を考慮しても夢のある仕事であると言えるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket