ヘリコプターの操縦免許

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

飛行機やヘリコプターなどのパイロットは本当にカッコイイですよね。旅客機のパイロットでなくとも、ヘリコプターでもパイロットは自分の意思で自由に空を飛ぶ、というイメージが強く、まさに自由を手にしているといった感じがするものです。ですが現実には、誰もが簡単にパイロットになれるわけではありません。飛行機やヘリコプターを操縦できるようになるためには、操縦免許を取得する必要があります。

ヘリコプターの操縦免許は2種類に分かれます。1つは自家用操縦士、もう1つは事業用操縦士です。事業用操縦士の資格を取得するためには自家用操縦士の資格取得が条件となります。自動車の免許を想像すると分かりやすいと思います。自動車の場合、自家用車を運転するためには第一種運転免許が必要になり、更にタクシーの運転手などの、他人を車に乗せて料金をいただく仕事の場合には第二種運転免許が必要になるわけですが、第二種を取得するためには第一種も取得していることが条件となり、ちょうど自家用操縦士と事業用操縦士の関係と酷似していることが分かりますね。ヘリコプターを操縦するための免許は2種類あり、パイロットとしての仕事をしたいと考えている場合には事業用操縦士の資格を取得する必要があることだけはしっかりと抑えておきましょう。

当サイトではヘリコプター免許を取得するまでに、どのようなことをしていく必要があるのかご紹介していきます。パイロットが夢という方はぜひ参考にしてみてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket